御託を並べる

ソースを出せ、話はそれからだ

望みどおりの虚構の世界 妄想歌謡劇「上を下へのジレッタ」備忘録

ありがたいことに東京と大阪、それぞれで1回ずつ観劇できました。2回でしたが席もタイミング的にも理想的な観劇ができてとても満足でした。

全部纏めようとする余計収拾がつかなくなってしまいそうなので、印象に残ったことをいくつか。

 

①スピード感

まずは何よりこれ。とにかく場面転換が多い!

舞台って、どちらかというといかに場面転換を少なくシチュエーションを変化させるか、ってところあるじゃないですか。同じセットで出演者が入れ代わり立ち代わりして違うシーンとして成立させるような。

ところがジレッタはそんなこと気にしない。バンバン転換させる。背景・セットがぐるぐる変わる。裏方さん大変!

漫画のコマが変わるように、という感想を見かけてなるほどと思いました。で、パンフレットを読むと倉持さんは手塚治虫先生の原作の表現が演劇的*1だと言っているのがおもしろい。

舞台を見る前に原作を読んだとき、ストーリーはどこを省略するのかな、なんて思ってたんですね。まさか全部入れてくるとは。さすが凡人とは発想が違う。

見始めたときあまりにずんずん話が進んでいくのでなぜか「もったいない!」という感想が出てきたし、原作読んでない人わかるのかしら?と心配になりました。

しかもほとんどのシーンでアンサンブルや何役もやるキャストの方が出揃って、毎回違う衣装で歌い踊るんですよ。裏でセットやら衣装やらどれだけてんやわんやだったんだろう。それでいてその一つ一つのシーンのクオリティの高さ。目がいくつあっても足りない。なんて贅沢なものを見せてもらってるんだろうと思いました。

 

②芸能界への視線

ジャニーズのタレントを主役にしておいて、ナベプロのタレントをヒロインにしておいて、初っ端から「列を乱すな 事務所の序列を」「口パク口パク口パクパク」ですよ。「そこらへんにいるような娘でもできる歌とダンスをされてもねえ(うろ覚え)」ですよ。ぎゃー痛い。

原作では門前が竹中プロを首になる理由は過激な演出のせいで、大手事務所のタレントの扱い云々ではないんですよね。それをあえてここに持ってきて大手事務所のタレントである横山さんに言わせる。(まさか横山さんを主役にしたのには何か裏の意味が…?とはじめ勘繰りたくなったのも仕方ない)

チエやジミーのような「Fake Star」の哀愁もあり、「アイドルの逆襲」による芸能界への痛烈な皮肉あり。これ、ジュリーさんや渡辺ミキ社長が見る機会はないんだろうか。見たらどう思うんだろう。

でもこれが、ただの悪意だとは思わないんですね。こういう面もありつつ、そういう虚構の世界に魅力を感じて離れられないのが門前だし、転落しても這い上がるのが門前だし、同時に繰り返し門前の魅力を語る倉持さんの視点でもあるんだと私は思いました。

 

③虚構の共犯者

舞台「上を下へのジレッタ」は、カーテンコールがあって初めて完成する作品じゃないか疑惑。

始まり、幕が開いて主役が一人で現れる。このときの横山さんは金を基調に原色を散りばめたコートを羽織っていて、この舞台のテーマ曲ともいうべき「虚構の共犯者」をゆっくりと歌い出す。そして横山さんがコートを脱ぎ、黒いスーツ姿になって曲がアップテンポになると同時に物語が動き出します。

“すべてまやかし すべては虚構

 「上手に騙せ」とあなたは言う

 見事 叶えて差し上げましょう

 望みどおりの 虚構の世界”

この歌詞は、虚構の天才・テレビディレクターの門前が視聴者に向けたものであると同時に、この舞台の観客に向けたものともとれる。門前というキャラクターを紹介しながら、観客へ向けた『今から虚構の世界へ案内しますよ』という宣言でもある。

だから、話自体は虚構の世界を追って破滅する男の物語なんだけど、バッドエンドだとは思わない。「おしまい」の看板が出て、幕が下りて、再び幕が開いてキャストが現れる。死んだはずの小百合チエが、チエと共に去ったはずの山辺音彦が、ジレッタに飲み込まれたはずの門前市郎が笑顔で現れ、破滅したはずの世界がそこにある。そこで観客は『これは舞台なんだ、虚構の世界なんだ』と再確認する。そして"望みどおりの虚構の世界"へ連れ去られていた観客が、虚構の創り手へ向けて拍手を送る。

虚構の"共犯者"とは誰と誰なのかというと、観客と、観客が望む虚構を提供する側を指していると考えられます。虚構と知りつつ「上手に騙せ」とエンターテイメントを求める観客に「見事叶えて差し上げましょう」と「望みどおりの虚構の世界」を差し出す製作者。観客と創り手が共犯になって作り出す愛おしい虚構空間。その完結がカーテンコールでしょう。

カーテンコールで歌われる曲がその名もずばり「上を下のジレッタ」。

"Oh ジレッタ まどろみ 夢みて 目覚めて

 Oh ジレッタ さよなら 道中 お気をつけて"

これって冒頭同様、演者からの観客に向けてのメッセージにとれますよね。

劇中何度も現実と虚構が行き来するけれど、最大のメタフィクションはこのカーテンコールなんじゃないかと思う。

倉持裕氏は天才!

 

④俳優としての横山裕

最後に横山さんについて。

横山さんの俳優としての魅力はその"存在の異質さ"に尽きると思っている。横山さんの演じる役柄はジュニア期から今に至るまでジャニーズの中で見ても一風変わった、ひねくれた役が多く、悪役も多いし、何なら後輩のバーターをよくやっていたのもその異質性ゆえという側面があると思ってるくらい。

だから極彩色の世界の中で、ただ一人だけ初めから終わりまで黒一色の異質さを放つ門前市郎という役柄は本領発揮ともいえるし、存分に発揮されていたと思います。

役者としての技術的な面で言うと、素人目にも芸達者な他のキャスト陣に比べて見劣りする部分はあるなと思いました。でも唯一無二の武器があることも確認できたなあ。そして2幕の、リエに去られてからラストまでの演技がギアを上げたかのように熱を帯びて、すごく惹きつけられたし驚かされました。

この舞台を経たことでまた何が変わるんだろうとワクワクします。(歌も!)

何より、挑戦し続ける横山さんを今後も応援していきたいと思った作品でした。

 

 

なお舞台について倉持さんが語っているインタビューで、web上で情報量が多いのはこちらなのでまだの方はぜひ。

虫ん坊 2017年05月号 特集1:妄想歌謡劇『上を下へのジレッタ』 脚本・演出 倉持裕さんインタビュー :TezukaOsamu.net(JP)

 

*1:『役者がまるで廻り舞台を歩いているように移動する間もずっとしゃべり続け、そして到着してドアを開けると中にいた人間がずっとセリフを聞いていたかのように返事したりして』

数字の話をしよう(テレビはジャニヲタに向けて作られていないという話)

 どうしてジャニーズ系のブログってはてなが多いんだろう。

そもそもはてなブログって他のブログに比べてその特殊機能(脚注やキーワードリンク)のせいか語りが多いような印象を受けるのでそんな印象があるのかしら。

そんなわけなのではてなブログを開設してみました。

 

関ジャニ∞横山裕さんを応援して2年半になります。

いまだにジャニヲタ、eighter、担当、などといった言葉がピンとこないので名乗りません。ただアンケートで誰担当ですかって聞かれたら仕方ないので横山担当だと答えるとは思いますが、え、なに担当って。その言葉みんないつから受け入れてるの?どこまでいったら担当なの?

これは何もジャニーズに限った話ではなく、他のアーティストでファンに特殊な呼び名がある場合やスポーツチームのサポーターなんかでも線引きがよくわからない。こんなんで名乗っていいんですかって気が引けちゃう。だからファンっていい言葉だと思う。ファンなら簡単に名乗れる。(語源的にはファンこそ濃いのかもしれないけど)

話が逸れました。

 

何かに興味を持つと、とにかく情報を集めるのが好きです。目の前の箱に関連ワードを打ち込んで、引っかかるワードがあればそれをまた掘り下げて、とにかくサーチしまくります。また、対象について興味のある人たち≒ファンが対象についてどんなイメージを持っているのか、さらにそれがどう変遷していったのか、過去を遡って探っていくのも好きです。今知れることは何でも知っておきたいタイプ。ストーカー気質?いやそんな危ないものではないと思いたい。

当然、数字やデータもチェックしておきたい。売り上げ、興行収入、視聴率。何も数字だけが結果だとは思わない。だけど結果を見るうえで数字を無視するのはナンセンス。そもそもファンが結果を気にする必要があるのかという意見もあるでしょうが、知れることは何でも知っておきたいタイプなのです。あくまで指標の一つとしてね。

 

数字を見るうえで欠かせないことが二つあります。一つは、その数字の算出方法を知っていること。もう一つは、その数字の相対的な意味が推し量れること。

例えば「視聴率」。視聴率は、ビデオリサーチ社*1が、ある地域の中から抽出したモニター世帯のテレビから測定機器を通して収集する数字で、ニュースなどで視聴率何%という場合は関東地区の視聴率を指しています。1%でおおむね18万世帯、40万人の視聴者に当たるそうです。(http://www.videor.co.jp/rating/wh/13.htm

そう考えるとテレビって衰退しつつあるとはいえやっぱりすごい媒体だ。映画で40万人を動員したら単価1300円で計算して5億の興収。関東だけでこれなので全国で考えると視聴率1%のテレビ番組は大ヒットと言われる映画よりも見ている人の数が多いということになる。もちろんテレビはなんとなく流す、つけっぱなしで見ていないなんてこともあるので映画と同じ熱では測れないものの、たとえ深夜の視聴率1%台2%台の番組であってもテレビに出るというのは大きいってことがわかります。

数字の相対的な意味を推し量ること、というのは要はその数字が良いのか悪いのかって話。これは誰もがある程度無意識に考えてることで、例えば視聴率8%で、これが昼や深夜なら高視聴率と言われるしGP帯*2だと物足りないと言われることもある。時間帯だけじゃなくその前後の番組との比較、同じ枠の過去の数字との比較、これまでの同じような形式の番組との比較、題材によっても期待値が違う。

でもこれってどうとでも設定できるのでアンチの材料にもされがち。あるよね、同じ数字出してるのに「及第点」「健闘」って書かれる場合と「コケ」「期待外れ」って書かれる場合。いや実際製作費とか期待値とかね、それぞれあるんだとは思うよ。思うけどそれにしたって難癖つけすぎだろうとも思う記事も多々あるわけで、そういう記事に振り回されないためにも自分の中でなんとなく位置づけしておくのは意味があると思うんです。

 

視聴率の話、そんな当たり前のことを、という声もありそうですが、でも実際はそこまで知らないでなんとなく数字で騒いでる人いるでしょ?

視聴率が低かったときに「放送地域が少ないから低いんだ」なんて言う人がいます。いるんです、実際に。しかし視聴率とは関東地方の数字なので放送地域が多い番組も少ない番組も条件は同じです。

「今どきみんな録画で見てるから視聴率なんて当てにならない」と言う人もいます。それも他の番組と条件は同じなので、それを言うならその番組が他の番組に比べて録画率が高いという理由が必要になります。実際録画率はドラマ>バラエティみたいだけど。ここはタイムシフト視聴率*3も加味した総合視聴率というのが始まってるので論争にならなくなってくるかもしれません。(https://adv.asahi.com/keyword/11061536.html

 

で、視聴率の話で一つ言いたかったことはテレビは基本ジャニヲタに向けて作ってないよってこと。

ここでまたジャニヲタの定義とは何ぞやって話になるとややこしいので、まあFC入るくらいの熱がある人ということにします。一番FC多い嵐で200万(凄いな!)。複数名義、退会者なんかをどのくらい加味したらいいのか難しいけど、とりあえずその半分の100万と見積もるとします。関東の1%=40万人なんだから、ホラ、全国で嵐のFC入ってるファンが全員見たとしても計算上1%にもならない。

1%のために番組作りはしないよね。GP帯であればなおさら。だから、これはヲタ向けだなって思う演出があるときは、それはもう制作側の愛でしかない。1%に向けてのメッセージ。愛だ。「ジャニヲタで視聴率を釣る」なんてことはあるわけないのです。

実際にはFCは入らないしライブも行かないしCDもDVDも買わないど好きだよーテレビ見るよーって人は多くて、そこが好感度というものであって、嵐は実際それも高いと思うんだけど、テレビの作り手が意識しているのはあくまでそっちですよね。というかそっちじゃないとおかしい。

(潜在視聴率なんてものもあるけどあれは一体何を根拠に算出してるんだろう。潜在視聴率5%も持ってたらバケモノだと思うんだけど。500万人がその人目当てにテレビつけるってこと?ないない。)

 

人気が出るということは売り上げに直結するいわゆるヲタを増やすということと、ポピュラリティー=いわゆるお茶の間人気を獲得することと2種類の意味があって、ヲタクは人気の話になると前者のことを言いがちだけど、普通は後者の意味で使われることのほうが多いと思う。そこの差がヲタクの一般人のギャップになってる。ヲタクの世界では前者の方がわかりやすかったりするから。

そして関ジャニ∞を応援してる身としてはやっぱり先輩グループに比べて後者がだいぶん弱いのかな、と思ってしまうところです。(というか歌番組が大人気だった80年代、CDが売れまくった90年代は前者と後者がかなり近かったと思うんだけど、2000年代以降はずいぶん乖離してるんだろうな。)で、本人たちが最近さかんに言っている「もう一歩上がりたい」というのは後者が欲しいっていうことで、それに対して熱心なヲタの中には「あたしたちはどうでもいいんかい!」って怒ってる人たちが散見される…という状況。昨日メトロック参加が発表されてチケット完売済みだったことでさっそくそういう声がチラホラ。

でも芸能界にいてテレビに出てる以上後者を求めるのは本能といってもいいんじゃないですかね。少なくとも私が人気について考えるときは後者を意識してしまうなあ。

 

本当はそこらへん日経エンタのパワランなどを見てぼんやり考えたことを書こうと思っていたのですが、視聴率の話が思いの外長くなったのでまた後日とします。

*1:かつてはアメリカのニールセンという会社も調査していたが2000年に撤退。なんかいろいろあるらしい…。

*2:ゴールデン・プライム帯。19時-23時。

*3:番組放送日から7日以内にタイムシフトで視聴された割合